りんごの芯

思いついた事感じた事を言葉に ショートストーリーにしています。

友人の命日

親友と会えなくなって7年

十分なほど時間が経ったのに私はまだグズグズしている

あの時こう言ってたら…なんて思っても何も変わらないことは100も承知…

 

多分これからの方が大切な人との別れを多く経験すると思う

慣れることはないけれど乗り越える術を身につけねばと思っている

 

もし自分が死んでずっと泣かれちゃ嫌だし

笑っていようとは思うもののなかなか難しい

一緒に過ごした時間よりもお別れしてからの時間が長いのもなんだか実感ないのだけれど

 

毎年この時期には気分は落ち込む

命日には親友に胸を張って会えるか成長してるかなんてことをくどくど考えてしまってる

きっと親友もそんなこと気にしてないんだろうけれど

 

年々親友との記憶が曖昧になっていて

書き留めたいけれども書くと嘘みたいになってしまったのでやっぱり記憶は記憶のままで残ってほしいなんてことを思いながら

お酒を飲む

命日と花と手紙

親友の命日が近づいてきている

ピンクの入ってない花を送ろうとしてはっと気づき親友のお母さんへ手紙を書こうと

部屋を漁ったが、便箋を捨ててしまったようで…

家で書いたらきっと号泣して手紙どころではないのでスタバで書くことに…

 

もう7年たったでもまだ7年しか経ってない

それでも親友との記憶が曖昧になって行ったり忘れてしまったりしている

だから私は私と考えもツボも雰囲気もそっくりだった親友を物語に閉じ込めることにした

こうなって欲しかったという希望も少し込めて

 

そのことを含め手紙を書いていたら4枚にも渡ってしまい…1年をまとめることの難しさを痛感しました

 

なんだか掴みどころのない文になってるのは

なんだか2人で書いてる気がしてニヤニヤしていたのですが、書き終えたところでふと親友のお母さんが葬儀の時に親戚の人に向かって

顔みてあげてよ!最後なんだから!と叫んでいるのとその時の親戚の人のなんとも言えない顔と最後の親友の顔を思い出し泣きそうになったから

 

そこで山崎ナオコーラさんが書いた美しい距離という小説を思い出した

その小説では妻の顔を見せず遺影も置かない葬儀にしたのです。

 

私は親友の思い出す顔はお葬式で見たあの何も感情のない顔じゃなくて遺影の知らない制服をきたよそよそしいあの顔でもなくて

学校のベランダでこっそりお菓子を食べている時のあの眩し過ぎてこっちも笑顔になるほどの笑顔なんだなぁと

 

なんとも取り留めのない文になってしまったけれど

これからも生きていた時と同じように

幸せは2倍辛いことは半分こにしてゆっくり歩いて私が死んで再会した時に

「みてた?みてた??楽しかったよねうちらの人生!!辛かったことも○○がおったから乗り切れたよ!!」

「うん!楽しかったね!!私がおって良かったろ??」

って中学生の時の様な眩しい笑顔で笑い合えると信じて

また生きていこうと思う

 

毎度の事ながら自己満足な文だけれども

大切な人が居なくなるのは悲しいけれど自分を支えてくれる人が増えたと思って彼女らと共に歩いていきたいと思う今日この頃です

石橋を叩きすぎる

最近平凡で幸せだなぁと思う瞬間が多々あって

幸せだと思えば思うほど

幸せの使用期限が気になってしまう

いつ幸せが終わるのか…いつ孤独にまみれるのか

そんなことばかり考えるから

幸せだと感じてすぐに不安になってしまう

そんな損な性格

 

石橋を叩きすぎて自ら落ちてしまうそんなアホなことばかりしてるんだけれど

とりあえずは幸せを噛み締める努力をしようと思う

 

石橋は程々に叩かなければいけないなと思う今日この頃です

CCレモンとパーティ

炭酸が飲みたいと思って近くの自販機に行ったらCCレモンしか売ってなくて仕方なくCCレモンにした

 

こうして久しく飲んでいなかったCCレモンを飲んだんだけれども

1口飲んだ瞬間に 色々な思い出が溢れた

 

クリスマスパーティ バーベキュー 海水浴 釣り 誕生日会

 

実家では普段ジュースを飲むことがなく(私は食が細かったので野菜ジュースはよく置いてあった)

こういった特別な時にしかジュースを飲まなかった

特に実家であるお祝いはコカ・コーラかファンタと決まっていたのでCCレモンは外のパーティの味なのだ

 

だからか特別な飲み物だと思っていた

好きか嫌いかは覚えていないけれど

CCレモンの強い炭酸にびっくりしながらも楽しかった思い出がふわりと蘇ってきた

 

ちょっとCCレモン味わってみようじゃないかと思い

舌先に神経を集中させた

瞬間でなんの味か言えないが、少しの苦味と酸っぱさはレモンなんだなぁと思う

コカ・コーラやファンタのように甘すぎずレモンを出しすぎずとてもいい塩梅な気がした

夏に飲むとなお美味しく飲めそうだ!

 

こうやって昔のことを思い出し分析するのが最近多い気がする。

 

でもCCレモンは思い出した時に飲もうと思う。

また思い出の旅行へ連れていってくれることだろう

 

 

 

スイカのワンピースと夏の発熱

久々に熱でここまで寝込んで(熱でも動けるタイプの人間)

ふと小さい頃のことを思い出した

 

小学生の低学年ぐらいの時夏休みに熱を出した

親に怒られながらも当時お気に入りだったスイカ柄のワンピース(緑と黒の太いギザ着さしたストライプ)を着て布団にダイブ

お母さんは出かけて家に誰もいなかった

 

途中目が覚めてストローを刺してくれていたポカリを飲むために起き上がった

つもりだったのだが次気がついた時には寝ていた

ものすごく不思議な体験でそのときのことは時々思い出す

カピカピに乾いた熱さまシート

おでこからする湿った匂い

スイカのワンピースの汗臭さと

起き上がったはずなのに起き上がれてなかった不思議な感覚

 

特に何もオチはないけれど

寝込む時ようにスイカのワンピースを買ってみようかなと思った

theずぼら貧乏飯

朝起きたらとても爽快だったので

とりあえず残ってたお米を全部炊いてやろうと思い腰を上げた

朝ごはんを食べるのは2ヶ月ぶり

お金が無い訳では無い

ただ

食べるのも作るのも洗うのもめんどくさい

特に冬場は活動が鈍くなるからか冬場に朝ごはんを食べることはほとんどない

おかげでバイトがある日の食費は0円也

 

とにかく朝ごはんを作ろうと冷蔵庫開けたら

無添加の合わせ味噌

ゆず茶

牛乳

熱さまシート

いつ作り置きしたのかレベルのゆで卵

しかなかった…

冷凍庫には

インゲン

かんころ餅              以上

 

うーむ…

とりあえず玄米ご飯を炊いて

あるもので味噌汁を作ろうと出汁入れて考えていたら

具がない純粋な味噌汁が完成

 

笑いながら玄米ご飯に見つけたふりかけをかけて食べながら

純粋な味噌汁を飲んだ

 

これが…美味しかったのです…

元々ケチな私ですが味噌と出汁は美味しい物しか買わないようにしてたのでそれが功を奏したようです。

100円も行かないでである意味健康的な朝食をとれたとさ

花粉症なので腸内環境良くする意味では良かったのかも!?

 

とりあえず今から掃除したら

買い物に行って肉じゃがを仕込むことにします。

3月の憂鬱

3月は友人の命日があるからか

春の陽気とともに悲しみがこみ上げる

 

友人と離れ離れになって7年

私が手を伸ばせばその命はまだここにあったかもしれない

そんなことを考えていても何も意味は無いのだが

中学生の私にはどうしようもなかったと

割り切ることも出来ない

 

まだまだ成長しなければという焦り

きっと今の姿を見て友人は呆れ勝ってるんだろうが

私にはまだ春の陽気を楽しむ心の余裕は微塵もない

 

少しでもこの神経の乱れが良くなればいいのになぁ