りんごの芯

思いついた事感じた事を言葉に ショートストーリーにしています。

あの子の気持ち

私には分からないあの子の気持ち 誰にも分からないあの子の気持ちどうすりゃいいか分からなくて ひたすら謝ってみたけれど 答えは返ってこない試しに笑いかけてみたけれど 微笑みすら返ってこないおーいと叫んでも うんともすんともいわないだんだん寂しくな…

限界

人に自分の気持ちを伝えるのが苦手で 今までずっと苦しんできた 悲鳴をあげているのに大丈夫だ大丈夫だと 引っ張り続けられ 結局限界が来てみんな気づく だけどもいつも通りの私だからみんなすぐに元通り死にかけても知らないふり 食べなくなっても知らない…

夏といえばと考えてみたけれど これと言って思い出がない学校の宿題を溜めすぎて泣きながら徹夜で仕上げる(答え丸写し)する そんな思い出夏は人とくっつきたく無いけど とても人肌が恋しくなる 特に心が弱っていると夏の寂しさがふと押し寄せる 暑いのに変わ…

家族という役割

家族とは一番小さな社会である とよく聞くが正しくそうだと思う母だから 子供だから お姉さんだから そんな役割に縛られた家族 みんな役割に羽交い締めにされ その役を一生懸命にやりきるだから無理が生じる 社会なんだから ある意味他人なんだから 衝突は避…

真夜中のさんぽ

眠いのに なんだか抗いたくて 結局寝れなくなったそんな真夜中お腹がぐーとなり あぁ生きてるんだなと思いながら いろんな動画を見る もちろん食べ物のいろんな人がいろんな食べ物をたべている 唐揚げ ピザ ドーナツ アイス ケーキ そんなカロリーの高いもの…

誰かのせいにしない 溜め込まない

私は人のせいにするのが嫌だった だから我慢して我慢して我慢した でもそうじゃなかった人のせいにしなくていい人は誰かに分かってもらえてるから 誰かに大切にされているという自覚があるから だとおもうこういう考えに至ったのはもう自分の怠惰さ無能さに…

親と子の関係

親と子の関係は とても近くて深く複雑であるために 度々すれ違いが起こっている子供にとって親は教えてくれる最初の人間で 親という存在はどこかに常にいるのだ 自分の中に親を見る時があるのだ私はアダルト・チルドレン それでも親を気にせずにはいられない…

怖がりは愛されている証

私は怖がりだ 暗い所 高い所 危険な虫 防波堤から身を乗り出して見る海 底の見えない水の溜まり場 大きな火 ガス ジェットコースター とにかく安全が確保出来ないような場所や状況がとても怖いぬいぐるみもどこを見ているかわからないから 本能的に恐怖を感…

いのちとロウソク

雨がしんしんと降る真夜中 私は終活をしていた 真っ暗な部屋に小さいロウソクを灯し 独りの重さを確かめながら計画書をしたためたやりたいことを書き どんな場所で最後を迎えたいかを書き 遺書は近くなって書くということを書いたここまで生きてきて字を褒め…

気になってしまう性分でして

HSP(過敏性症候群) 最近話題になってますよね私も小さい頃から 嫌いな生地があると思えば気に入ったらずっと着続けるそんな衣類へのこだわり半乾きの衣類の臭いや時々名古屋を襲う下水の匂いはほかの人に言っても気にならないと言われたり、臭いなんてしない…

期待されるということ

私は三人兄弟の末っ子 上二人は頭が良くて器量もよしコミュ力もある そんな中私は 頭も悪く器量も悪しコミュ力も無かった だから自ずと誰も私に期待しなくなったまぁこの子だしなんて言いながらも 上二人と同じスペックを押し付けられてきたそんな私が大学に…

運をよくするには?

私は人生を振り返って とても運がいいと思っています中学受験をし親元を離れ私立に入学 修道院がお金を出してくれていたので生活費学費共にゼロ (そうでなければ中学受験は無理でした)高校もエスカレーターで難なく進学 転校した先が推薦を沢山持っている学…

好きという感情

好きという感情は本当によくわからない もう久しく人を好きになっていないでもこの人なら付き合いたいなと思う人はいる それはただの友達でもいいのかもしれない好きという感情はいったいなんなのか 好きというのはどういう事なのか 全くわからない友人の関…

靴ひも

私はスニーカーを履くことが多いです スニーカーでなくても 靴ひもがある靴は多いですあなたは靴ひもをいじることなく 靴を脱ぎ着しますか? 靴ひもを開いて脱ぎ履いて結びますか?今日はたまたま洗っていたスニーカーを 履くために靴紐を通して足を入れ紐を…

サボりぐせ

就活で学校にあまり行っていなかったら まさかの まさかの 不登校気味……本当に行きたくないんです就活の前よりも更に行きたくないんです本当に就職していいのか…… そんな思いばかりが頭をめぐります最初はサボりぐせがついたのかとおもっていましたが よくよ…

曇り

曇り 曇りっていい天気ではない 曇りって悪い天気でもない曇りは一番曖昧 曖昧だから私の心も曖昧になるやらなきゃいけないけど やる気が出ない エネルギーが足りないただ何か心が寂しさをまとっている天気は悪くないのに 雨の日よりも気分は最悪氷なしでミ…

自分の文章

私の書く文は嫌悪感がある 私の書く文は汚い 私の書く文は気持ち悪い 私の書く文はどこか必死 私の書く文は何も残らないここに書かれている文は 嫌いな人 人間として汚い人 気持ちが悪い人 承認欲求 自己満足で出来ている始めた時から知っていた だけれども…

産める人産めない人

この4月からの3ヶ月 月イチで友人の子供が産まれました 田舎は出産結婚が早いもので……そんな中みんなの出産を誰よりも喜び誰よりも悲しんだ人がいます 私の親友です 前にも書いたように彼女は産むことを断念しました酷にも彼女は四月に産んだ友人と仲が良く …

助けを求めるということ

今日は友人とご飯に行ってました Twitterで悩んでいることが多く とても気になったので…… いろんな話をしました就活のこと 恋愛のこと 自分のことまるで昔の自分を見ている気がしました 未来を見すぎて何も出来なくなる 人を気にしすぎて何も出来なくなるそ…

大学生なのに

大学生のレベルが低い 偏差値に関わらず人間的レベルが低い・予約してる店の予約時間に間に合わない ・店で床や壁をドンドンする ・ドリンクを小出しに頼む ・店でコールをして飲ませる(トイレ渋滞) ・常連でもないのにタメ口 ・お会計でモタモタしている ・…

帰りたくなった

私くし 心臓が痛いだの息苦しいだの言っていて もう死ぬんじゃないかと思っていたら な、な、なんと逆流性食道炎なりかけまぁね、いいんですよ 食生活乱れてたし…… それでいて今日のご飯この時間に天ぷらいぇーいホントは薬とか飲まなきゃだったけど…… 無理…

入り浸る場所

私は最近バーに入り浸っている バイト後アブサンを飲みにふらりとよって 沢山話をして帰っていくそこのバーには志の高い人 本当の価値を追い求める人 人生を楽しんでいる人が集まるだから私はそこに入り浸る私が私を見失わないために 私の言葉を聞いてくれる…

受け身

私の周りには受け身がうまい人が沢山いる もちろん格闘技の受け身じゃなくて 物事に対しての方なのだが……一から十まで言わないとしない……いやできないのだろう自身の成長に関しても そのままではいけないと思うんだけど と言われなければ気づかない 手ほどき…

就職活動

私はとても楽しく就活をすることができました。 元々自分が考えていることを喋るのが好きだったからかも知れませんが そんな意味不明に楽しんだ就活でした。そんな四月から本格的に始まった就活もいよいよ明日の本命の最終面接でおわります。まだ結果出てな…

耐熱ガラス

私は耐熱ガラスが好きですレンジで熱しても 冷凍庫で冷やしても どこにいても耐熱ガラスはそのままですでも 耐熱ガラスも 落としてしまえば割れてしまいますそんな強い中にとても脆い部分があります耐熱ガラスと私は同じなんだと思うんです 私も強く生きよう…

敬意

何事にも敬意を払うということは 人と生きることだと思う蔑ろにされがちだけれども とても大切なこと文を書くこと発信することに対して 私は敬意を払えていただろうか書くプロの人からすれば ほんのお遊びだけれど 本気で取り組めただろうか卒論だってそうだ…

家族のこと

私は家族が好きだでも昔は大嫌いだった 特に兄弟が兄はなにかにつけ殴って蹴ってくるし 姉はいつも私に我慢をさせてきた兄は一人っ子の時があり 姉には自由に伸び伸びできた時があったのだ でも 私には生まれた時から二人がいた兄が中学私が小2の時から腹の…

タバコと恋と自分のこと

タバコの火は1年閉じ込めた思い出を引き連れて 私の目の前で真っ赤に光るタバコを吸い公園へ自転車を向けた 一緒に走るカップルを見てまた記憶が蘇る淡く儚かった恋と幸せと悲しみを連れてきた恋の記憶が 体に残るタバコの匂いとともに蘇る少し肌寒い風は恋…

悩めば悩むほど

もうかれこれ1週間は引きこもっている 心が疲れ果て 何もしたくない 何しても楽しくない誰に助けを求めても傷つけられ苦しめられる一人になって気づくのは この社会は誰にも合わなくても 外に出なくても生きていけるということネットショップで頼めばたくさ…

時給

最低賃金で働いています。でも時給が低いと嘆く人がいます 私もそうでしたでも今日店長と話しました色々 納得いきました 最低賃金でも高い方だと自発的に働けない お客様を気にしない 面倒なことはしない そんな人たちを基準にしているからそれなのに責任感…

好きなことを仕事に……?

好きなことを仕事にしたい 好きなことを仕事に出来たら幸せよくそんなことが言われますね果たしてそうなのか…… 好きなことが仕事だととてもいいとは思いますでも履き違えてませんか?その人たちが趣味の延長で仕事をしていると例えば私の身近な例を出すとす…

生きるとは人生とは

ある選択をしてからというもの ずっと心身ともに優れません選択は間違っていなかったと今でも思います 私の気持ち以外のことを考えたらでも私の気持ちを考えるとその選択は間違っていたのです小さい頃からいつも誰かのために生きてきました 誰かが喜ぶなら………

検索しても出てこない苦しみ

私は今とても苦しい アルバイト先の人的衰退が目に見えているのに 何も出来ないことがいや、打開策はいくつか思い描いている しかし何よりトップがやる気ではないのだそれが何より苦しいひとりで頑張って走り回って いろんな人に気を使ってわざとおちゃらけ…

孤独なオオカミ

羊の皮を被ったオオカミは ただ 仲良くなりたかっただけなのだ羊の突然変異によって生まれたオオカミは ただ 仲間と一緒にいたかっただけなのだそんなこと石ころ分さえも知らず 羊はオオカミから逃げるあいつはおかしい あいつは何をするかわからない あいつ…

夜の星

夜の星を一つ拾ってみた どこか孤独を匂わせながらキラリと輝く朝の星を一つ拾ってみた なんだか楽しいことがあるようなワクワクを纏いキラッと輝く昼の星を一つ拾ってみた 今にも消えそうだけれども 笑うようにピカリと輝く三つの星を手に取って そっと宝箱…

夜がなんだか落ち着かなくなって幾日が経っただろうか 暗くなって部屋の電気をつけるとなんだかソワソワやらなきゃいけない事も手につかず 何かにすべて奪われるような不安テレビをつけても 音楽をかけても 落ち着かない ソワソワなんだか体がだるくて なん…

夜行

夜行バスの閉ざされたカーテンの外で ウォンウォンとサイレンがなるサイレンは私を不安にさせ 悪とされるものを追いかける 私に不安を残して夜行バスの運転手が歳をとっていればいるほど 生きて帰れるかなんてことを考える 外が見えない環境と真っ暗な車内が…

あることは無い

朝起きました そこでふと頭に浮かんだのはあることは無いあることは無いとはあるのかないのか……いや、 ある(起こる)ことは実際には無いと言う意味であることは 私も重々承知だでも何故か あることは無い というワードに釘付けグルグルと ある ない ない ある…

両手にいっぱい

あれもこれもと仕事があり 一人でせっせ新人教育のフォローをせっせ 仕事できない子と新人に意識を飛ばしながら レジ打ちせっせあれ、なんで私こんなにやってるんだろう と思った時には両手には抱えきれないほどのやるべきこと一人で背負い抱えふと周りを見…

親友の話

これはメッセージです って始めた方がいいのかしら?私の親友の話をさせてください 親友と言ってももう6年も遠くに住んでいる親友です。そんな彼女には秘密があります 解離症?だったかな? 簡単に言うと 生きている実感が薄いということ彼女いわく生きてい…

大人

小さい女の子が泣いています 大丈夫だよと慰めれば大抵泣きやみます大人の女の人が泣いています 大丈夫だよと言えば、だめなのよ!!とさらに泣きます 具体的な打開策を提示すると大抵泣きやみます小さい男の子が悪いことをしました これはこうだから、しち…

いのちの車窓からを読んで

読んで……と書いているが 実際は10分の1ほど読んだ明日は学校と説明会とSPIのテストなので、自粛して…… という訳ではなく少し読むとアドレナリンが10年ほど溜まっていた水が溢れ出るかのように出てくるのだった彼は天才だ…… 星野源……彼は何者なんだ言葉が…

時々ある不思議な話

ふっと力を抜く時 あれ?ここどこなんだろ何してるんだろ と自宅にいても学校にいても感じることがあります他にも何だか世界から分断されているような気がして そちらへ行きたいけど膜に覆われている感覚になるのです生きてるはずなのに生きてる実感がない感…

整理整頓の大切さ

私の周りには整理整頓ができない人がいる それはうち姉と彼氏だあとはバイト先整理整頓?! そんなの無理無理なんて言っているそばで あれ?どこやったっけ?あったのに…… なんて言っているまぁ部屋ならいいが、バイト先では あった所に戻さない 引き出し開…

折れる心

春の気配がする今日このごろ 私の心には冬が訪れています企画が上手くいかない言い訳なのかもしれないが 就活と企画とバイト更にはもうすぐ授業まで心に冬が来て半うつ状態で何も捗らず…… 企画は急かされ……板挟み……社会の都合など…… 正直泣きたいです私がや…

文章VS真の想い

私は思いを言葉に出来ない 苦しいこと悲しいことを言葉にすることが出来ない 口から発することが出来ないんですそんな私に恩師は言いました 「文字にしてみなさい、そしてそれを見せて」 それから私は心の叫びを文字におこし 文字は私には素直なものとなりま…

98パーセントの信頼

最近亡くなられたシスター渡辺和子の著書「置かれた場所で咲きなさい」にある 98%信頼して、残りの2%は何かあった時に許すためにとっておくという考えがとても好きです %で見るのは難しいですが 2%というのは「この人も人だから間違いはある」 という前提…

人間だもの

私はやりたいようにやっている人を凄いと思う やりたいと思ったらやる その思い切りが欲しいとさえ思うでも考えてみた それができる人って勇気があるからと言うよりも 自分の選択せいで他人の人生が終わってしまった経験が無いのだろうと もちろん勇気もいる…

何も無いということ

久しぶりにパニックを起こした 自分の中でくすぶっていた何かが不意に湧き出てしまっただけなのだが嫌だ嫌だと目を背け 聞きたくないと耳を塞ぐ なのに目はそちらを向き 耳は聞き耳を立てているそして爆発しこう言うんだ もう何もかも捨ててしまいたいと 何…

残される者

親友の命日で何だかモゾモゾしてしまった 大嫌いだったピンク色の花を見ると 未だにあまりいいとは思えない私自身がピンク嫌いな訳では無いのだが…… もう6年、まだ6年 そうやって私は歳をとり彼女に胸を張って会えるだろうか いや、胸を張れる人生を歩むべき…