読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

りんごの芯

思いついた事感じた事を言葉に ショートストーリーにしています。

いのちの車窓からを読んで

読んで……と書いているが 実際は10分の1ほど読んだ明日は学校と説明会とSPIのテストなので、自粛して…… という訳ではなく少し読むとアドレナリンが10年ほど溜まっていた水が溢れ出るかのように出てくるのだった彼は天才だ…… 星野源……彼は何者なんだ言葉が…

折れる心

春の気配がする今日このごろ 私の心には冬が訪れています企画が上手くいかない言い訳なのかもしれないが 就活と企画とバイト更にはもうすぐ授業まで心に冬が来て半うつ状態で何も捗らず…… 企画は急かされ……板挟み……社会の都合など…… 正直泣きたいです私がや…

文章VS真の想い

私は思いを言葉に出来ない 苦しいこと悲しいことを言葉にすることが出来ない 口から発することが出来ないんですそんな私に恩師は言いました 「文字にしてみなさい、そしてそれを見せて」 それから私は心の叫びを文字におこし 文字は私には素直なものとなりま…

98パーセントの信頼

最近亡くなられたシスター渡辺和子の著書「置かれた場所で咲きなさい」にある 98%信頼して、残りの2%は何かあった時に許すためにとっておくという考えがとても好きです %で見るのは難しいですが 2%というのは「この人も人だから間違いはある」 という前提…

爪が伸びてない人のコインチョコの食べ方

爪を切ってから 食べにくくなっていたあの コインチョコ……ついに爪を使わない開け方を考えたのでお披露目(時にはふざけようかと)まず初めにコインチョコを取ります そしてこのコインチョコを ぺきっと割ります(適当に) まだアルミは取れません なので反対側…

自由とは

高校の時自由について考えたことを書きなさいという授業がありました 私は何を書いたかなんて忘れてしまったのですが 友人がさらっと答えた答えは未だに頭に残っています 自由とは死ぬ事です! 驚きました 生きている限り生きるという鎖に縛られていると友人…

切り裂きジャック

ふと気づいたんだ心が痛いって 僕はどうすりゃいいのか分からなくなった 沢山食べ物を詰め込んでみた それでも心は痛かった ほっぺたをつねってみた 幸せな夢から覚めるだけだった 僕はどうすりゃいいんだい 哀れなやつだとみんなが笑う 心が痛いとても痛い…

どこかで生まれるあの子のために

私の言葉は誰にも届かないけれど 私の言葉は取るに足らないけれど 私の言葉はすぐに消えてしまうのだけれどそれでも発信するのは 読んでほしいという訳ではなくて 読んで欲しくないわけでもなくて 自己満足でもなくて 特定の人に発信してるわけでもなくてた…

それならば

私の人生の21年間は割と生きづらい21年間だった 21年と言えど最初の5年ほどの記憶はあまりないのだがだけれども私の人生の21年間はとても実りある21年間だった 例によって5年は記憶が無いのだが21年引くことの5年を文にする気はさらさら無いが(長くなるから)…

みかん

おつとめ品にみかんがあることをスーパーの遠くから察知し 超高速で移動し 鍛錬された目の前にある中と頭の中の他のお店よりも安いものを見出す力を使い 六つで280円のみかんを買ったそんなことはどうでも良くてミカンは皮が余裕ある方が剥きやすいし甘いの…

ぽきっと音がして水が流れ出た

私は小学生の時から勉強ができる頭がいい人が嫌いだ 私の周りの頭がいい人たちはいつも私の解答用紙 私のワークを見て笑う どんなに頑張っても兄弟からはバカにされ 親からは頑張れと言われていた どんどん自信をなくし勉強をしなくなったそして中学生になっ…

私が夢を語る理由

私は興味があることや、やりたいことをその都度発信している。 夢や興味のあることを話す時には、語るという言葉が一番似合うほど熱くなってしまう。しかし、熱くなることで誤解を生じやすくしてしまうのだ。“ 意識高い系”“ 語りたがり”“ 自己満足”“ 夢を肯…

文を書くこと

学科の関係で、論文を読む事が多々ある。 数多の論文を読んできたが、当然そのなかに相容れない論文もあった。 しかし、その論文に腹を立てたことは無かった。その理由として、しっかりと研究がなされていて、なおかつ筆者の信念が伝わってくるからだ。これ…