読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

りんごの芯

思いついた事感じた事を言葉に ショートストーリーにしています。

文章VS真の想い

私は思いを言葉に出来ない 苦しいこと悲しいことを言葉にすることが出来ない 口から発することが出来ないんですそんな私に恩師は言いました 「文字にしてみなさい、そしてそれを見せて」 それから私は心の叫びを文字におこし 文字は私には素直なものとなりま…

98パーセントの信頼

最近亡くなられたシスター渡辺和子の著書「置かれた場所で咲きなさい」にある 98%信頼して、残りの2%は何かあった時に許すためにとっておくという考えがとても好きです %で見るのは難しいですが 2%というのは「この人も人だから間違いはある」 という前提…

アタマの柔軟性

先日飲み会をしました まぁ8時間ほど飲んでいたのですが←二次会の終わりごろには ヒートアップして様々に感じていることを議論しました。まとまっているのはある2人は人の意見を聞かないし プライドが高いから言っても無駄だという満場一致に近い意見が私も…

人生の中の後悔とは

私は変わった 前まで消極的だったでも、本業界を変えるには今からでもやれることはあると 考え行動派になったまだまだ変わって少ししか経ってないから なかなか上手くいかない ついでに就活も本格的になり もう追いつかないとても……すごく泣きそうになった …

ぽきっと音がして水が流れ出た

私は小学生の時から勉強ができる頭がいい人が嫌いだ 私の周りの頭がいい人たちはいつも私の解答用紙 私のワークを見て笑う どんなに頑張っても兄弟からはバカにされ 親からは頑張れと言われていた どんどん自信をなくし勉強をしなくなったそして中学生になっ…

私が夢を語る理由

私は興味があることや、やりたいことをその都度発信している。 夢や興味のあることを話す時には、語るという言葉が一番似合うほど熱くなってしまう。しかし、熱くなることで誤解を生じやすくしてしまうのだ。“ 意識高い系”“ 語りたがり”“ 自己満足”“ 夢を肯…

文を書くこと

学科の関係で、論文を読む事が多々ある。 数多の論文を読んできたが、当然そのなかに相容れない論文もあった。 しかし、その論文に腹を立てたことは無かった。その理由として、しっかりと研究がなされていて、なおかつ筆者の信念が伝わってくるからだ。これ…