りんごの芯

思いついた事感じた事を言葉に ショートストーリーにしています。

悲しいことがあっても

不幸自慢ではないけど私は悲しい辛い体験をすることが多いようだ
自分ではあまり思ってなくて
人にこんなことあってさーけどこう思って今に至るわけよ!って
かるーく話すと驚かれる

たぶんそれほど私は回復力があるんだと思う
だから神様はそのことに耐えれない誰かの代わりに
私に不幸と思えることを回してるんだ
そう考えるとまた面白くなってくる

不幸を楽しんでいる訳では無い
親友の死を喜んでいる訳では無い
いじめられたことを嬉しい思い出になんてできない

不幸は辛いし
人の死は自分が死ぬより悲しい
いじめられるのなんてもうコリゴリ

だけれども前を向けるのは
友達がいるから

私は一人では生きていけない
苦しくて死にそうになる
でも友達がいるから
友達に助けてもらって少しづつ立ち直って

幸せを噛み締め
命を抱いてあるき
いじめられてる人に寄り添える

すべて辛い思い出が私を形作っている

前を向いて全身つかって前進!!