りんごの芯

思いついた事感じた事を言葉に ショートストーリーにしています。

物の価値

私はブランドに疎い
なんだかよく分からないし何より覚えられない
相当興味が無いのだろう

最近はやりのスタンスミス
なんて思い出すまでに
ツタン……ツタンカーメン?!……ミス…………
スタンスミスってな感じです(ガチ)

私はあれがスタンスミスであると知った瞬間に
物欲が消えました
私は基本的に有名なものに価値を見いだせません

多くの人がいいと言いこぞって手に入れてる
そんなものに一万円も出せない←そこ?

いいと言われるものが本当にいいのか

私は無名のものが好き
だから無印が意外とお気に入り
無印という名前だけれどもそのものにきちんと名前が無い気がして

無こそ有を輝かせるとおもうんです
私はむのものを着ることで話を自分に向けたいんです
話題にはなるかもしれません
「お、そのスタンスミスの色新しいやつだ!!」みたいに

けれどその人の興味はスタンスミス
私じゃない……なんか悲しいなぁ
靴で言うと私はナイキの靴を持っている
お前も持ってるやんナイキなんて思うかもしれないが
その中でもちょっと変わったものを買った

名前がわからないので伝わらないが……
普通のスニーカーではないということだ。

お金で人気のものを買うよりも安く手に入れ人気にさせる方が楽しい

まぁ服装にお金をかけないって言うのが一番でかい←結局