読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

りんごの芯

思いついた事感じた事を言葉に ショートストーリーにしています。

人間だもの

私はやりたいようにやっている人を凄いと思う
やりたいと思ったらやる
その思い切りが欲しいとさえ思う

でも考えてみた
それができる人って勇気があるからと言うよりも
自分の選択せいで他人の人生が終わってしまった経験が無いのだろうと
もちろん勇気もいるのだが

私たちの一つ一つの行動や言動って
誰かひとりを殺せる力がある
それを知っていると考えてしまう慎重になってしまう

だって悲しみと後悔なんて味わいたくないもの

そういう考えでほっと落ち着いた
でも
与えられ守られている人達が少しの傷で少しつまづいただけで
痛い苦しいといい 悲しい辛いと言っているのを見ると

私の中にモヤモヤと曇るものが現れる
そんなの傷じゃないしそんなのつまづきじゃない
泣くな喚くな目障りだと叫びたくなる

別にその人たちが悪いわけじゃない

僻み……そう。単なる私の僻み
幸せを幸せだと気づけない人たちへの怒り

でもそんな私をも幸せな人だと思う人はいる……きっと
でもやっぱり二人分の十字架は辛い

もう弱くたっていいじゃないか
僻んだっていいじゃないか
怒り狂ったっていいじゃないか

だって人間なんだから
いろんな感情は人間の特権だ
大いに楽しもう




でもやっぱり辛いな。