りんごの芯

思いついた事感じた事を言葉に ショートストーリーにしています。

整理整頓の大切さ

私の周りには整理整頓ができない人がいる
それはうち姉と彼氏だあとはバイト先

整理整頓?!
そんなの無理無理なんて言っているそばで
あれ?どこやったっけ?あったのに……
なんて言っている

まぁ部屋ならいいが、バイト先では
あった所に戻さない
引き出し開けっ放しでどっか行く
備品の残りが少なくなっても何もしない

結局整理整頓と備品整理は私がしている
しかし私はいちアルバト……
来年にはもういないのだ……

なぜ整理整頓が大事か
それはもう一言……円滑に出来るから

え、たったそれだけ?なんて思った人はサヨナラ

円滑に仕事や生活ができるとストレスが減る
効率も良くなるすると仕事が早く片付く

そして何よりも次の人が気持ちよく使えるって言うのは日本人の心ではないだろうか

一人でやる仕事なら自分が好きなところに置いて好きなところを開け放ち
備品は無くなるまで補充しないでもいい

でも私がやらないことで誰が痛い目にあう
私が良ければいいなんて仕事誰が褒めるのだろう
誰が認めてくれるのだろうか

社会に属するということは人と生きるという事だ

本当は頭の整理整頓大事だよねって話をしたかったのに
ついついいつも言っていることを書いてしまった。

とりあえず図書館の机椅子が新しくなって座り心地が良くて居座っています。