読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

りんごの芯

思いついた事感じた事を言葉に ショートストーリーにしています。

家族のこと

私は家族が好きだ

でも昔は大嫌いだった
特に兄弟が

兄はなにかにつけ殴って蹴ってくるし
姉はいつも私に我慢をさせてきた

兄は一人っ子の時があり
姉には自由に伸び伸びできた時があったのだ
でも
私には生まれた時から二人がいた

兄が中学私が小2の時から腹の虫の居所が悪いと殴られ蹴られた
私が悪い時もあったのだが、小学2年生まだまだ子供……
母に助けを求めてもあんたが悪いの一点張り

父は単身赴任で母にとっては私が重荷だったのだろう
三人も育てるのは大変だ
しかも私は上2人のお陰で無口でポーカーフェイス
こりゃムカつくわけだ

でもこんな家族だったけれど
中学に入り寮生活になると一緒に暮らす姉以外
みんな優しくなった
多分私も賢くなって兄の機嫌と母の機嫌を察知して身を守れるようになったのだと思う

でも今ではみんな大人
父は変わらず好きで
母は何でもしてあげたくなる友達みたいで
兄は…ツンデレで、何となく弟みたい
姉は他人には冷酷だけど私にはとても優しくて大好き絵もうまいし!

こんな感じで家族だけど認識はお父さん以外は皆友達みたいに接している

お父さんは昔からお母さんがずっと
お父さんは凄い、頑張り屋さんで頭が良くて何より殴られても殴り返さない強い人だ
と教えられてきたので
ちょっとヨボヨボしてきたけど今でも尊敬してる

小さい頃から唯一私を甘やかしてくれたのはお父さんと親戚(いとこ21人中私が一番下だったから)だった。近所のおばちゃんもあんたが一番可愛いと可愛がってくれたなぁ……

何だかんだで
今では家族が好きだ
だけれども子供の育つ環境はとても大事だ