りんごの芯

思いついた事感じた事を言葉に ショートストーリーにしています。

敬意

何事にも敬意を払うということは
人と生きることだと思う

蔑ろにされがちだけれども
とても大切なこと

文を書くこと発信することに対して
私は敬意を払えていただろうか

書くプロの人からすれば ほんのお遊びだけれど
本気で取り組めただろうか

卒論だってそうだ
やりたいと思っていた題材について研究できるのに
私は敬意を払って取り組めているのだろうか

大学だって
学びたいのに学べないそんな人がいることを
忘れているのではないだろうか

学生のうちにしか出来ない事 得られないこと
それは沢山あるかもしれない
だが、迷惑をかけていいと言っているわけでない

名古屋大学のサークルががインターフォンを鳴らし
アンケートしてるんですが……と一言
いや、人の家まで来てインターフォン押してアンケート?
街頭ならわかる。
なぜ家というプライベート空間に押し入るのだ

断ろうとしても押し切られ
結局何年生ですか?と聞かれ4年だとこたえると
じゃあいいですと切られてしまった……

これで2度目……
フリーペーパーを作っているのだろうけど
流石に失礼過ぎやしないか?
みんなに不快な思いをさせて作ったその物は
本当に作ってよかったと思っていいのか?
学ぶところはそこではない。人との関係を学べ

私にとって家は邪魔されたくない場所
そこに土足で踏み込み踏み荒らし帰っていく
そんなのが いいフリーペーパーができたと笑っていう

人を大切にするからこそ
その人や事に敬意を払うからこそ
いいものが作れる そう思うのだ

だから私は大学生のお遊びフリーペーパーゴッコが大嫌い
話をすると他にもそう思う人はいるようで
お店を経営していたり 少し変わった職の人は
大学生のフリーペーパーに迷惑をしているようだ

このような傾向は止めようがない
そういう教育がなされていないのは事実だ
同年代としてとても恥ずかしいが……
目を瞑るしかない
そして彼らが本当の価値に気づくことを祈るのみだ