りんごの芯

思いついた事感じた事を言葉に ショートストーリーにしています。

曇り

曇り
曇りっていい天気ではない
曇りって悪い天気でもない

曇りは一番曖昧
曖昧だから私の心も曖昧になる

やらなきゃいけないけど
やる気が出ない
エネルギーが足りない

ただ何か心が寂しさをまとっている

天気は悪くないのに
雨の日よりも気分は最悪

氷なしでミルク多めのアイスカフェオレを作って
ほっと一息
そして気付けばバイトの時間
また1日を無駄にしたと思うけれど
まだ1日は終わっていない

踏み出そう

曇を抜けたら眩しいほどの青空が広がっている