りんごの芯

思いついた事感じた事を言葉に ショートストーリーにしています。

好きという感情

好きという感情は本当によくわからない
もう久しく人を好きになっていない

でもこの人なら付き合いたいなと思う人はいる
それはただの友達でもいいのかもしれない

好きという感情はいったいなんなのか
好きというのはどういう事なのか
全くわからない

友人の関係を見ていると
好きだ好きだ言っている子は大概別れる
好き過ぎるのは別れの合図かもしれない

無意識の中で
好きな人がいる自分に酔い
恋人がいるという優越感に浸っているのだと思う

だから好きだった部分が変わってしまったり
嫌なところが目立ち始めると
途端に冷めてしまう

きっと長く続く恋は好きという感情にその人を尊敬できるのだと思う
だから好きがなくなっても尊敬は残るから一緒にいれる
好きでしかないと好きが終わると消えてしまう

尊敬ではなくても惰性であるとか
色々あると思う
惰性とかだと悲しいけどそれも有り方

ここまで書いて私は人を好きになりたくないと思った
人を尊敬して一緒にいる方が何倍もいい

それに私は好きになると尽くしすぎてしまうから
私に好きという感情は危険だ

そう思いながら
昔のとても好きだった元彼を思い出して今でもほんのり好きであることを確認したのだった