りんごの芯

思いついた事感じた事を言葉に ショートストーリーにしています。

家族という役割

家族とは一番小さな社会である
とよく聞くが正しくそうだと思う

母だから 子供だから お姉さんだから
そんな役割に縛られた家族
みんな役割に羽交い締めにされ
その役を一生懸命にやりきる

だから無理が生じる
社会なんだから ある意味他人なんだから
衝突は避けれないのに
役割に縛られお互いに歩み寄れずにいる

家族から離れ一人になり気づく自分という存在
自分という意識

母という役に縛られ
子供の将来まで背負わなくていいと思う
何をやりたいか何が好きかなんて
誰かが決めるものでもない

家族を嫌い
家族を作り損ねた人の独り言