りんごの芯

思いついた事感じた事を言葉に ショートストーリーにしています。

外国人と着ぐるみの共通点

私は外国人と着ぐるみが苦手だ

でもドイツの友達はとても好きだ

何たる矛盾!なんだけれども

きっとその友達は日本語が上手いからだと思う

日本語が上手くて日本人の事も日本のことも割と知っているから危ない人ではないと理解できる

 

着ぐるみと外国人に共通しているのは

意思疎通が出来ないこと

次に何をするか分からないこと(外国人は文化的に着ぐるみは目線で行動が読めない)

 

私は理解できないこと予測出来ない環境をとても怖いと思う

だから日本語を理解出来ていて日本の習慣に合わせる友人は怖くないんだと思う

 

最初は外国人差別かなとか思っていたが

ある意味避けようのない自己防衛の結果なんだと知り

無理に合わせなくていいと思った

でも多くの外国人と話して文化を知る事で

それらは緩和されると思う

 

そして外国嫌いだった私は今日友人にドイツについて聞いてみて(今までは他愛もない話しかして無かった)初めて海外に行きたいと思った

 

彼女がドイツに帰る再来年にドイツに行こうと思う

というか行くことで変わると思った

再来年は多分ニート生活だけれども(やりたいことをやるため)生活を世話してくれる人もいるので人生を謳歌しようと思った

 

無理やりに外国に行かせようとする人がいるが

無理やり行っても仕方の無い事で

行かせたいなら説得するべきだと思った

 

久々のお酒とご飯だったので思考がきちんとしてないのできちんとした文を書けない…

けれど書かなければ私の言葉はどこかへ行ってしまう