りんごの芯

思いついた事感じた事を言葉に ショートストーリーにしています。

手作りケーキ

誕生日とクリスマスが何より好きだった

ケーキを食べれるから

 

小さい頃の写真にも片手に肉を持ってケーキを鷲掴みして食べてる写真がある

泣きになくしご飯も食べないからお姉ちゃんの誕生日なのにいち早くケーキを食べていたそうな…

 

それぐらいにケーキが好きだったのは

甘いから…だけではない お母さんが作ってくれるケーキが特別だったからだと思う

 

ケーキの飾り付けはお菓子の小枝とアポロとマーブルチョコ

どれも不格好な生クリームの上にちょこんと乗っていた

余ったお菓子はもちろん私の胃の中

 

お母さんの目を盗んで冷蔵庫にしまわれたケーキからアポロを取って食べたり生クリームを舐めてみたり…

 

ケーキというとそんな記憶がある

 

だから何となく

明日作ってみようと材料買ってきた

妙にワクワク!

でも一人で5号のケーキはきつい!!