りんごの芯

思いついた事感じた事を言葉に ショートストーリーにしています。

スイカのワンピースと夏の発熱

久々に熱でここまで寝込んで(熱でも動けるタイプの人間)

ふと小さい頃のことを思い出した

 

小学生の低学年ぐらいの時夏休みに熱を出した

親に怒られながらも当時お気に入りだったスイカ柄のワンピース(緑と黒の太いギザ着さしたストライプ)を着て布団にダイブ

お母さんは出かけて家に誰もいなかった

 

途中目が覚めてストローを刺してくれていたポカリを飲むために起き上がった

つもりだったのだが次気がついた時には寝ていた

ものすごく不思議な体験でそのときのことは時々思い出す

カピカピに乾いた熱さまシート

おでこからする湿った匂い

スイカのワンピースの汗臭さと

起き上がったはずなのに起き上がれてなかった不思議な感覚

 

特に何もオチはないけれど

寝込む時ようにスイカのワンピースを買ってみようかなと思った