りんごの芯

思いついた事感じた事を言葉に ショートストーリーにしています。

子供の声

担当の子を半泣きにさせた

理由はよく分からなかったのだけれど

説明してもヘラヘラっと聞かないから

なんで聞かないの?って聞いたら分からないから って…

先生が話すのが分からないの?

じゃあどうしたら分かる?って聞いたら

一人でやるって言い始めて

 

最初はのりのりでやってたのだけれど

だんだん上手くいかないことを言葉で態度で出さずに悶々と手をぶんと振って声にならない声を発していた

 

時間になったからもうおしまいだけどゴールできた?

出来てなーいと爽やかな笑顔…

なんで出来なかったのかな??(半分呆れ気味)って聞くとだんだん顔歪む

泣きはしなかったけど 逆にそれが怖かった

 

子供にとって感情を出せない

親が来ても泣けない

それってすごく怖いことで

信頼関係がある親の前ですら泣けない

 

悲しいなぁと

時間があればゆっくり話せるのに

なんせたかが習い事の先生ですから

 

Twitterでお悩み相談もしてるけど

女子高生がひたすら死にたい死にたいって

いやモーこっちが死にたいんだけど…

となりながら 経験談とか話すも聞いてない

いや、分かるよ 私もそうだったから

ただ止めて欲しいんだよね

ただ大事にして欲しいんだよね

 

分かるからこそもどかしい

生きれば分かるとしか言えない

私も前はそう言われていた

けど生きてみて分かることとそれでもまだ死にたいと思うことがある

 

あー無力だな

なんて思う

けど私一人の力で引き上げるのは無理だ

そう諦めてしまうのも悲しい

 

苦しいなら言ってくれ

何が苦しいか

何が嫌か

 

言わないと誰も助けれない