りんごの芯

思いついた事感じた事を言葉に ショートストーリーにしています。

ビールとお月見

しんどい時や寂しい時に限らず月を見るのが好きだ

疲れて空を見上げた

でも天気が悪くていいお月様が見れなかった

 

ちくしょうとビールを買った

ワイングラスにビールを注いでひとのみ

ふと電気にかざしたら

お月様が顔を出した


f:id:dokuringo50:20180728214414j:image

 

ほろ酔いになりながら真っ赤になった身体を眺めていた

昔傷つけた傷も浮き出て何となく悲しい気分になった

まてど暮らせど隠せないキズ

 

ビールの魔法はゆっくり溶けていく

 

最近はかっこいいという区別もできるようになってきた

1歩進歩

 

日進月歩

 

歩いていこう