りんごの芯

思いついた事感じた事を言葉に ショートストーリーにしています。

疲れ果てて寝た時の夢

昨日は4時に寝て八時に起きて

それからバイトしてお昼から外で写真を撮って夜も友達とご飯に行っていた

 

だからすごく眠かった

寝苦しかったので冷房つけて寝ているんだけれども

すぐ寝落ちし夢を見た

久々に携帯弄りながら寝落ちして夢を見ていた

元彼のゆめだった

ただ夢でも会えただけですごくちゃんと寝れた気がした

夢が一段落した時にぱっと目が覚め

すごく複雑な気持ちでこれを書いている

 

元カレが取ってくれたぬいぐるみを抱いてまさかのベッドの上で上下反転しててビックリ

疲れがスッキリ取れてるし

何より体が重くない…

ビックリ

私にとってどれだけ大切か再認識

けれどもそれを伝える手段も伝える資格もない

彼には私は要らないと思うから

 

幸せを願いながら夢では自分が幸せになっても

バチは当たらないかなと

都合よく解釈してまた寝たいと思う。

 

続きが見れたらいいな…